相続税申告、戦略経営計画・医療介護の会計・税務・経営コンサルタントを行います

林公認会計士・税理士事務所

0564-57-2559営業時間 8:45 ~ 17:45(土日祝休)

お問い合わせ
facebook

林公認会計士・税理士事務所

月次決算管理のお客様へ

service月次決算管理のお客様へ

月次決算管理

お客様からのこんなご要望をよくお聞きします。

  • どこに手を打てば利益が出るのですか
  • 粗利益をつかむ方法はありませんか
  • 売上が100万円減ったら、どれだけ利益が減るのですか
  • 損益分岐点や労働分配率などの重要な経営指標を理解して経営に役立てたい
  • 黒字なのにお金がないのはどうしてなのか知りたい

これらを解決してくれるのが月次決算書なのです。

月次決算書

一ヶ月分の売上や費用の金額、資金の動きについて様々な角度から分析し、問題点の抽出と改善の糸口を発見するための報告書です。数字が苦手な経営者でも重要なデータを直観的に理解できるように、グラフや図を多様してわかりやすく作成しています。月次決算書の基本的な構成要素は、月次損益計算書、月次貸借対照表、月次キャッシュ・フロー計算書です。

月次損益計算書

一ヶ月間における会社の経営成績を記したもので、一ヶ月間でどれだけの売上があり、その売上を獲得するためにいくらの費用を使ったのか、そしてどれだけ儲かったのかを表しています。費用を毎月ほぼ一定水準で発生する費用と売上に比例して発生する費用に区別して把握することにより、売上の増加・減少と利益の増加・減少を容易に理解することができるようになります。また、損益分岐点売上高や労働分配率などの重要な経営指標も理解しやすくなります。さらに、儲けるためにはどこに手を打てばよいのか、のヒントも見えてきます。

月次貸借対照表

月末時点で、会社にどれだけの現金、商品、土地、建物といった財産や、借入金のような将来支払わなければいけない負債があるのかを表したものです。月次貸借対照表では、資産と負債のバランスから会社の財務の安全性を読み取ることができます。

月次キャッシュ・フロー計算書

一ヶ月間の利益の状況を表すものが月次損益計算書ですが、月次キャッシュ・フロー計算書は、一ヶ月間の資金の流れを表すものといえます。利益の動きと資金の動きはかならずしも一致しません。いわゆる「黒字倒産」とは、利益が出ているにもかかわらず、資金が不足して支払いができなかったために起こるものです。常に資金の動きをチェックすることは大変重要なことであり、毎月の報告は欠かせません。

決算報告会の実施

当事務所では、毎月お客様と一緒に月次決算報告会を行い、経営のサポートをさせていただいております。前年同月比較や月次推移分析を通じて、売上や費用が増減した場合の原因の究明と改善策の立案を行います。また、決算の着地点を予想し事前の対策を図るための9ヶ月決算報告会、1年間の実績を分析し来期につなげるための決算報告会も開催しております。

当事務所では、意欲的な経営者の方には月次決算書の作成の次のステップとして戦略的経営計画書の作成支援をお勧めしております。

ご相談・お問い合わせにつきましては
下記より承っております。
お気軽にご連絡下さい。

0564-57-25590564-57-2559
営業時間 8:45 ~ 17:45(土日祝休)

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

Copyright (C) HAYASHI CPA Office Co., Ltd. All rights reserved.